HOME > ホームページ機能 > 共用SSLサーバーの利用方法

共用SSLサーバーの利用方法


共用SSLサーバーの利用方法について説明します。

共用SSLは、「RapidSSL(ラピッドSSL)」を採用しています。
※ホームページに「RapidSSL」のサイトシールを掲載する場合は、以下の画像をダウンロードしてご利用ください。

Secured by RapidSSL

共用SSLサーバーの設定

共用SSLサーバーを利用する場合は、まず「セットアップページ」の「ホームページ」>「共用SSLサーバー証明書」から設定を行います。
「SSL利用時のURL」の入力欄に任意の文字列を入力し、[次へ]ボタンをクリックして進み、設定を完了させます。

共用SSLサーバーを利用する際の記述例

SSLで保護されたページを利用する際の記述例です。
「セットアップページ」で設定した「SSL利用時のURL」でリンクすることにより、SSLで保護されたページが利用できます。

<a href="https://設定値.sslserve.jp/form/contact.html">お問い合わせフォーム</a>

設定値は、共用SSLサーバー設定時に入力した文字列に置き換えてください。

お問い合わせフォームの作成例

標準CGIの「フォームメール」を利用して、SSLで保護されたお問い合わせフォームを作成する方法を説明します。
「フォームメール」の詳細につきましては以下をご覧ください。
⇒ フォームメールの利用方法

【ページ構成】

[docs]
  │
  ├ index.html        ← ホームページトップ
  │
  └ [form]
       │
       ├ contact.html ← お問い合わせフォーム
       │
       ├ thanks.html  ← 受付完了ページ
       │
       └ [imgs]
            │
            └ logo.gif

お問い合わせフォーム( contact.html )を作成します。

<html>
<head>
<title>お問い合わせフォーム</title>
</head>
<body>
<img src="imgs/logo.gif">(*1)
<form action="/cgi-bin/form2mail.cgi" method="POST">(*1)
<table>
<tr>
    <td>お名前</td>
    <td><input type="text" name="お名前" size="30"></td>
</tr>
<tr>
    <td>電話番号</td>
    <td><input type="text" name="電話番号" size="30"></td>
</tr>
<tr>
    <td>メールアドレス</td>
    <td><input type="text" name="F2M_FROM" size="30"></td>
</tr>
<tr>
    <td>メールアドレス(確認)</td>
    <td><input type="text" name="メールアドレス" size="30"></td>
</tr>
<tr>
    <td>お問い合わせ内容</td>
    <td><textarea name="お問い合わせ" rows="5" cols="25"></textarea></td>
</tr>
</table>
<input type="hidden" name="F2M_TO" value="送信先メールアドレスに修正">
<input type="hidden" name="F2M_SUBJECT" value="お問い合わせ">
<input type="hidden" name="F2M_CONFIRM" value="YES">
<input type="hidden" name="F2M_NEXTPAGE" value="https://設定値.sslserve.jp/form/thanks.html">(*2)
<input type="hidden" name="F2M_CHECK_01" value="お名前,お名前を入力してください">
<input type="hidden" name="F2M_CHECK_02" value="電話番号,電話番号を入力してください">
<input type="hidden" name="F2M_CHECK_03" value="F2M_FROM,メールアドレスを入力してください">
<input type="hidden" name="F2M_CHECK_04" value="メールアドレス,メールアドレス(確認)を入力してください">
<input type="hidden" name="F2M_CHECK_05" value="お問い合わせ,お問い合わせ内容を入力してください">
<input type="submit" value="送信">
</form>
</body>
</html>

(*1)

画像ファイルやCGIは相対パスで指定可能
絶対パスで指定する場合は「SSL利用時のURL」で以下のように指定
https://設定値.sslserve.jp/form/imgs/logo.gif
https://設定値.sslserve.jp/cgi-bin/form2mail.cgi

(*2)

送信後に表示( F2M_NEXTPAGEで指定 )する、受付完了ページ( thanks.html )は「SSL利用時のURL」で指定

受付完了ページ( thanks.html )を作成します。

<html>
<head>
<title>受付完了ページ</title>
</head>
<body>
<p>お問い合わせを受付いたしました。<br>
内容を確認後ご返信いたしますので、今しばらくお待ちください。</p>
<a href="http://お客様ドメイン名/index.html">ホームページへ戻る</a>(*)
</body>
</html>

(*)

受付完了ページ( thanks.html )はSSLで保護された状態で表示されますので、このページからホームページトップなど、通常のページへ移動する場合は絶対パスで指定

ホームページ( index.html )に、お問い合わせフォーム( contact.html )へのリンクを設置します。

<a href="https://設定値.sslserve.jp/form/contact.html">お問い合わせフォーム</a>(*)

(*)

お問い合わせフォーム( contact.html )をSSLで保護された状態で呼び出すため「SSL利用時のURL」で指定